2010/07/28

玉石混合

正直に言うと,大学の先生がみんな優秀で,すばらしい研究業績を挙げているとかそういうことはありません.

まぁ,こんなのはどの業界にも当てはまることで,組織ってのは,少数の優秀な人たちと少数のろくでもない人たちと大半の普通の人たちで構成されるもんなんですよね.なんせ,蟻の世界にも当てはまることなのだそうだし.

昔々は,大学の先生なんて,それこそコネがあればなれて,旧帝大で大学院生をやっていたらそのうちどっかからお呼びがかかって,たいしてなんにもしていなくても大学の先生になれて,そんでもって年数を重ねていたら教授になっていたとかそういう人たちはかなりたくさんいらっしゃいます.

なんせ学位(所謂,博士やPhDとかいう称号)を取らなくても,なんにも業績を挙げなくても教授になれたってんだから楽なもんですよね.こういう世代の人たちを,私たち若い人たちは「ゆとり世代」と言って揶揄することがあります.いつ,どの業界にも楽なサイクルにいる人たちってのはいるもんです.

そんなこんなで,正直,「なんでこんなんで教授になっているんだ??」という人たちも多数いる一方で,「すばらしいな」という驚嘆の念が上がるような人ももちろんいらっしゃいます.

「同僚」というのもちょっと心苦しいのだけれど,今年うちに私と一緒に入った人で,その道の権威ともいうような人がいらっしゃいます.

リタイアの足音が聞こえてくるような年代の人ですが,人柄も温厚で,実に知的.委員やら何やらで一緒に仕事をすることがとても多いのですが,刺激になることが多いですし,それに話をしていても実に楽しい.

興味深い話がたくさん聞ける.

こういう人はいろいろな物事に対する知的好奇心のアンテナが敏感だし,仕事が早いし,それに外部から高く評価されることが多いという経験から自然と醸し出される懐の深さというものがひしひしと感じられる.

その人の名前をググってみれば,英文でも日本語でもたくさんヒットするのだけれど,今日,ちょっとその人の著作(「秋葉原は今」)を大学図書館で見かけたのでちょっと手に取ってみた.

とてもおもしろい.

文章にリズム感がある感じだし,それに分析が実に鋭い.歴史的背景や経済状況,地理関係といった諸要素が余すところなく切り込まれている感じだし,過不足なく,かつ必要十分な情報が的確に盛り込まれている.

門外漢なのだが,あまりにおもしろくてついつい読みふけってしまった(おかげで,授業が終了したにもかかわらず,明日も大学に雑用をしにいかなければならない羽目に).

端から見ていて,業績的にも人格的にもすばらしいお人なのだが,その実力を見せてもらうと,さらに感服の念が高まる思いである.

こういう,自分に刺激を与えてくれる人と一緒に仕事ができるのは,実に幸運であると思う.

自分が傲慢になるなということを自然と戒めてくれるし,刺激になるし,いろいろな話を拝聴する機会も得られ,それで自分が「おもしろい」と思える機会も増える.

それにオープンキャンパスなんかで自分の大学をアピールする時にも,自信を持って薦めることができる.いや,こんな人のゼミに入れる学生さんなんて,すごく幸運だと思いますよ.

やはり優秀な人材というのは,いるだけで組織が活性化するものである.

また秋口にいろいろと仕事をする機会があるので,その時にいろいろと質問攻めしてみよう.

2010/07/27

雨と週末のおしごと

しっかし,本当によく雨が降ります.

基本,北海道に梅雨はないので,なんか例外的なできごとなのだそうですが.

週末はちょこちょこと仕事してきました.

とは言っても,就職説明会をやってくれた卒業生さんたちとお寿司(特上!)を食べるだけ,だとか,オープンキャンパスでちょっとトークをするとか,それだけのことなのですが.

オープンキャンパスはけっこう人が来てくれていて,まぁ,たぶん,悪くはなかったのではないかと思います.

なんか,積極的に「この大学に来たい」って言ってくれる人たちっていいですね.元気もあるし,きっといい活力を与えてくれるのではないかと期待しています.

というわけで,女子高生さんたちと雑談して,「がんばって受かってねー」的な話をしておしまい.受け入れる側としては,勉強した人たちがちゃんと報われるような入試問題を作成しないといけないですね.

2010/07/24

昔の記憶

ふとした時に,むかーし昔のことを思い出すことってありますよね.

管首相、小沢氏との面会を事実上断念

やっぱ,民主党は小沢の私物だったんだな,ということを再確認しつつ.

そーいや,昔々シアトルにいた時に,政治学を専門にしていた友人が「菅直人が首相になるのがいい」と熱弁していて,私ともう一人別の友人とで「あんな奴,かいわれだいこんを食べる以外に能はないよ」とケチョンケチョンに言って,からかっていたことがあったなぁというのを思い出しました.

今でも,「管首相になって,すばらしい」とか言っているんだろうか.

まさかね.

はてさて,外は大雨で,気温は肌寒いくらいですけど,今週末は仕事なので,ぼちぼち働いてきます.

たいした仕事があるというわけでもないのだけれど.

2010/07/22

ニュースを見て思う.

関東で午前中から猛暑日,前橋38.2度 熱中症ご用心

なんか本州は猛暑真っ盛りって感じみたいですね.

大変そう.

札幌はひんやりとしていて,ちょっと肌寒いくらいで心地いいのだけれど.

「冬を見ていろ!」という悪魔のささやきが聞こえてきそうですが,なんかこっちが天国です.少なくとも今のところは.

中井担当相「金賢姫」で報道陣に八つ当たりより.

家族会元副代表の蓮池透氏が,

「しょせん23年前の人ですから。超法規的措置を取ってまで来日する意味があるのかどうか。韓国政府と日本政府の、ある一部の人の利害関係が一致したパフォーマンスだと思います」

と述べているのだが,まさにその通りとしか言う他ない.

縁あって蓮池さんと一緒に飲んだのが,かれこれ6年前.あの頃と情勢は全く変わっていない.

ちょっと長い文章を書きたい(てか,書いた)のだが,このブログに掲載すると「やばい」ことになると自覚したので自主規制.どうやら私も自分の身がかわいいらしい.

そもそも現政権は,自民党やら社会党(社民党)やらの残党が大半を占めているので言わずもがな.意図的だったのかどうかは知らないが,拉致に関与してきた人たちが総理を始め,要職を占めているのだから,拉致問題を解決する気は微塵もないだろう.

文科省SOS 運営費交付金など削減なら「阪大・九大消滅も」

真綿で首を絞めるかの如く,大学教育・研究を潰しにかかっている様子の現政権であるが,そもそもの彼らの哲学が左翼なのだから仕方がない.反エリートの悪しき平等主義.子供手当やら,高校無償化に踏み切る金は意地でもばらまいても,高等研究機関は潰してしまいたいのだろう.本来ならポルポトよろしく,大学教員,医師,その他技術者を皆殺しにしたいとどこかで考えていてもおかしくないのではないか,と多少背筋の凍る思いがする程である.国家権力の力を削げば,必然的に武力が弱まり平和につながるという幻想をいつまで抱き続けるつもりなのであろうか.

法律を無視し続けている違憲法相(しかも,落選していて居直り)がいる等,現政権を評価する点は微塵もないということが確認できただけでもいいのだろうか.

2010/07/18

ちと苦手

えと,同僚の結婚式に行ってきました.

北海道は会費制という形式を取っているので,ご祝儀を包まなくていいのは気軽でいいですね.披露宴代を払って,それでおしまい.

これだと呼ぶ分にも呼ばれる分にも負担が少なくていいです.まぁ,冠婚葬祭なんてお金のかかるもんだとは思うのだけれど,それにしてもこの平成大不況の最中,いつまでも慣習を続けられるわけでもないですし,だいたい日本の結婚と葬式は金がかかりすぎる.

そんなこんなで,結婚式に参列してきたのだけれど,普通の友人の結婚式に行っている時とは違って,相席している人たちは基本的に年配の人たち(大学の先生に若い人は少ない)なので,いつもと随分とテンションが違う.

さらに,北海道の結婚式なので(てか,新郎の出身が山梨で,新婦が北海道),余興もなんだかとってもまじめで,冗談の一つもなかったです.この前参列した結婚式では,余興に漫才をやったのに.

そんなこんなで,二次会は,新郎新婦の学生時代の友人同士,気の置けない同世代でちょっとやってきたみたいです(当然,私は混じっていない).

それで,私の二次会は,ちょっと年配の素敵な人妻さんたちとバーでしみじみと飲んで参りました.

疲れた.

「結婚式」ということで,やたらと,私もあちこちで「急かされる」ようなことを言われたのだけれど,なんか,式って大変そうですよね.当事者でもなんでもないのに,気が重い.

結婚式に参列した女性陣はいつも楽しそう(独身既婚を問わず)なのだけれど,この辺,男性と多少の温度差はあるのかもしれない.

そんなこんなで,あたしゃ,当分,結婚とかいいです.

2010/07/16

感覚が違う

えと,北海道に帰ってきて,最高気温が26度という涼しい快適な気候を満喫していた日.

食堂のお姉さん(注:女性は全て等しく「お姉さん」なのだ)たちに,「今日も暑いですね」と話しかけられる.

・・・

廊下でばったりと会った生徒さんやら教職員さんにも「暑いですね」と言われる.

何かの冗談なんじゃないかとふと思う.

月曜に大雨の中,関西から戻ってきたのですが,こんな避暑地のような快適な気候ってないっすよ.確かにそりゃ若干暑いですし,人の集まる教室なんかだと「蒸す」感じがしますけど,別に耐えられないとか,不快だとかそういう程ではない.単純に言うと,「まぁ,暑いけど,しれている」という程度のものなのである.

そうか,これが北海道人の感覚なのか.(まだまだ甘い)

そんなこんなで,ちょっと避暑地で研究に遊びに没頭できる夏休みが待ち遠しい.ちょうど,最近,新しいネタができたところだし.(若干,プラグマティックスっぽいことやります.今更だけど,Pottsって天才なんじゃないかと思う)

P.S.
ちょうど欲しい本(専門書)が三省堂で売っていたので衝動的に買った.後日,同じ物がAmazonで2,500円安く売ってあったのを発見した.なんか,悔しくて仕方がない.(ケチなんだろな,性根が)

2010/07/13

決別

えと,たんなる愚痴ですが,私はもうAルクのような杜撰でいい加減なゴミ出版社に教科書を注文するような真似は金輪際しません.

4月から授業だったのですが,今日でクレームを入れたのは5回目.一向に改訂する様子も,仕事をする気配も見受けられないので,今日はさすがにキレました.電話口での人を小馬鹿にしたような態度も気に食わなかったので,正直ちょっとだけ気が晴れました.

というわけで,今日で私とアルKさんとの関係は切れました.もう二度と関わりを持つことはありません.いい執筆者は多いので,非常に残念です.

ついでに.

うちの大学のいい加減な教授陣(限定用法の修飾関係にあることに注意)にもキレ気味.生徒さんのために,ほんの数分雑用する程度のことがなぜそんなに嫌なんだろうか?それほど1分,1秒が貴重なほど忙しくて,世の中を代表する有名な研究者なんだろうか?

わからない.

まぁ,後者の件に関しては,すばらしい人たちもたくさんいるので,トントンなんだけど.

2010/07/12

かえってきた



えと,写真を見ても分かるとおり,京都に行ってきました.

『なんでやねん!難波やないかい』

( ̄▽ ̄;)

コホン.(あぁ,今,画面の向こうで「しょうもなくなった」とか,「いや,元々しょうもなかったで」だとかいった声が聞こえてきそうだ)

まぁ,まさか自分が難波の写真を撮って,喜ぶようになるとは露にも思わず.

なんか,大阪が地元じゃなくなったんだな.寂しいもんです.(でも,今のところは,札幌が好き.心はすっかり道民です.喋りが大阪弁でもいいじゃないですか)

と言いますか,京都に行くのがメインの目的だったのは事実です.

ちょっと博論の手直しが終わって,「お休み」をいただいていた感じだったので,なんか言語学言語学するのは脳に負担がかかるというか,けっこうしんどかったのだけれど,それでも興味深い話をたくさん聞けて,なかなか収穫のある旅でございました.「さすが」と思わせる内容の発表もいくつかあり,自分も大いに刺激されたと思います.

「ぼちぼちやろか」

って気分になりましたね.たぶん,この勢いで夏休みはわりと集中的に研究しているんじゃないか,と思いたい.

まー,秋口にアメリカでやる学会でも喋ってくるので,研究者として死んだわけではないんですけど.

そんなこんなで,久しぶりの帰省を楽しんできました.思ったより涼しかったのは,ある意味,拍子抜けだったのだけれど.

それと,突然呼び出したのに会ってくれた皆様もありがとうございました.

次はあなたの出番,かも.(えと,実は留学中に携帯が死んだので,少なくない人数の人たちの連絡先が分からなくなって苦労しております.久しく連絡取っていない人は,mailくれるととても嬉しい)

2010/07/08

ふらふら

えと,職場で健康診断なるものがあったので,採血で血を抜かれてまいりました.

・・・

あたしゃ,血を抜かれるのがなぜか苦手で,今日もできるだけ余計なことを考えないようにしていたのですが,ダメでした.アウト.

血を抜かれた後,頭がふらふら,視界が狭くなり,フラフラバターン.

血圧も異常に低くなり,そのまま寝込でしまうこととなる.

まぁ,30分もすれば起き上がれるようになったのだけれど,まぁだ,頭がフラフラして体がだるいのが治りません.なんで,こんなに血を抜かれるのが苦手なんだろ?

そんなこんなで,健康診断をすると健康を害する男の話でした.

えと,ワケあって,明日からちょっと遠出します.

そこの,あなたに会う機会が週末にあるかも(笑).

というわけで,Good Night!

2010/07/04

しゃこ

えと,6月と初秋はシャコが旬だということもあって,ちょっと衝動的に石狩の朝市まで行って,シャコを購入してきました.

漁師さんたちに「どうやるのが一番おいしいですか?」と聞いたのですが,それこそ典型的な北海道弁で,

「そりゃ,おめー,この時期のシャコは何やってもうまいべさ」

とお説教されました.

「おめぇ,台所用のハサミか何かあんだろ?それで,上半身の所と殻を切ってだな,そんで実を取り出してから,後は好きにすればいいべさ」

って話だったので,チョキチョキと実を取り出してからわさび醤油とポン酢でいただきました.

7月からはホッキ貝の季節なのだそうで,ホッキ丼なんかがうまいらしいです.またそのうち行って参りますです.

そんでもって,ほろ酔い気分で,サッカーを見てましたけど,ドイツ本当に強いですね.正直,例年はイタリア同様あんまりおもしろくないサッカーをするチームだと思うのですが,今回のチームは何が欠点なのか分からないくらい「完璧」なチームですね.守備力・攻撃力とも非の打ち所がない.それに展開が早くて,見ていてとても楽しい.おそらく,現時点で考え得るベストなチームなのではないかと思います.

アルゼンチンは前線にタレントが揃っていましたけど,なんか噛み合わなかったですね.メッシがちょっと下がった位置でボールを受け取ることが多くて,なんか長所が殺された感じでした.本当はベロンなんかがトップ下をやって,メッシはトップの位置に置くのがよかったんでしょうけど.後は,ボランチをやる選手がいなかったですね.大会前によく言われていましたけど,やっぱりサネッティ,カンビアッソは必要だったのではないかと思います.マラドーナは見ていて楽しかったのだけれど,あくまで御輿だけをやらすべきでしたね.参謀に誰かつけないと,チームとしてはちょっと厳しい.

ところで,実は仕事(本当に)で街中をいろいろと散策していたのだけれど,さすがに札幌も日中は暑いですね.まぁ,関西と比べるとたいしたことないですし,朝晩は涼しくて別にクーラーもいらないのですが.

シャコの写真はアップロードしようかと思ったのですが,女性に「シャコを見るのは苦手」という人が多い(経験則)ので,ちょっと控えておきます.なんかグロテスクに感じられるらしい.男性で苦手という人は,ちょっと私の知り合いでは聞いた覚えがないのだけれど.

それと,相対的に女性って生魚(刺身とか)が苦手という人が多いですよね.それと,生ウニが好きじゃないという人がとても多い気がする(イクラが好きという人は多いのだけれど).

こういうのって,味覚の違いなんでしょうかね?なんでだろ?ちょっと今週は生徒さんたちにも質問してみよう.

ウニは今が旬で,積丹のウニ丼なんかがめちゃくちゃおいしいらしいので,今月はちょっと足を運んでみようかと思っていますけれど.

愛車さんと一緒にぱちり.海沿いでは釣りをしている人たちが多かったですが,よく考えれば,海釣りができる環境にいるんですね.ちょっと釣りを始めてみようかなぁと考えてみた今日この頃.釣れたばかりの新鮮な魚も食べられるし.でも,釣りをやってたのって小学校の頃だよな.一応,鯉と,ブラックバス,ブルーギルなんかを釣っていた経験はあるのだけれど.

2010/07/02

アップしました

えと,前回の報告で,少ないながらも問い合わせがあったりしましたけど,よーやくthesisをuploadいたしました.

私の本名(英語で)でググってもまだヒットしませんけど,専用のウェブサイトがあります.私の勤務先のスタッフ紹介のページからリンクを貼っておきますので,興味のある方はぜひご訪問ください.

もしくは直接,ご連絡ください.連絡先が分からない人は,右サイドバーのプロフィールページにあるアドレスにメールしていただければ,リンク先を報告いたします.

なんか自分でも「この程度か」という程度の代物なんですけど...( ̄▽ ̄;)