2010/08/31

勝負をかける時

民主党の総裁選挙についてのニュースが,いろいろと報道されている.

端から見れば,単なる内ゲバのようにしか見えないけれど,今回は管総理の勝負時であったように思う.

結論から言えば,菅直人は千載一遇の好機を潰してしまったような感じになったわけだけれど.

現在の派閥の力という観点から行けば,生来の政治家(「せいじや」と読む)である小沢一郎の方が圧倒的に有利であろう.

しかしながら,もしかしてもしかすると,勝機がないわけでもない.

菅直人の観点から行けば,仮に総理の座を失うことになったとしても,政治家生命を絶たれるわけでもない(権力は相当失うだろうが)という言わば「保険」を賭けた形になったわけである.

守りに入って,多くを失ったと言わざるを得ない.

日本の政治において,総理大臣になるということは,言わば「上がり」のようなものであって,それこそトランプの大富豪に登り詰めたようなものであると認識してみるのは,あながち悪い比喩でもないのではないかと思う.

ルールに地域差があるようだけれど,多くの地方において,大富豪はそのゲーム毎に1位で上がらなければ転落し,ド貧民から再スタート,というルールが適用されている.

これは極端な例だけれど,一度総理大臣になって,その職を降りれば,普通はある程度おとなしくしているか,ちょっと後ろで手を引くとかいった程度の影響力を持つに止まる.(「政治家を引退する」と言った数日後に,やたらと影響力を持とうとしている鳩のような脳みその持ち主もいるが)

言ってしまえば,基本,総理の椅子を降りれば,二度目に座ることはないわけである.

自分がこういう立場なのに,なんか小さくまとまった管直人というのも,広い視野がないというか,政治家としての勝負度胸がないというか,まぁ,器の小ささみたいなものを感じてしまう.

これが気を見るに逸な小泉純一郎であれば,一気に解散総選挙というカードを切ることもあったろうに,と想像してしまう.

管直人が置かれている立場を見てみよう.

まず,脱小沢路線が功を奏して,運良く総裁の座に,つまり総理の座につくことになった.

小沢一郎という人間が持つダーティーなイメージに対する国民の拒否反応は強い.イメージだけで言えば,これほど「汚い,汚れた」イメージを喚起させる政治家は,自民党においても金丸信,竹下登辺りまで遡らなければ思い当たらないのではないか.

この小沢一郎を排したという手腕と期待があって,管内閣は鳩山内閣で地に落ちかけていた民主党の支持率を回復させるに至ったわけである.総理就任直後のハネムーン期間というのをさしおいても,その支持率は十分及第点であったろうと思われる.

まぁ,参院選では負けてしまったので,ちょっとここの評価は微妙でもあるのだが.

しかしながら,世論調査や,公にはならないネットの評判においても,国民の大多数が小沢一郎にある種の嫌悪感を持っているということはまず間違いないような気がする.

菅直人としては,このまま脱小沢路線を追求,そして強調し,さらにまだまだ民主党寄りの報道を重ねているメディアを利用して,徹頭徹尾,小沢を初めとする旧態依然たるダーティーなイメージのある政治家を全て追放し,さらに脱小沢路線を進めていくべきであったように思う.

一度,鞘から刀を抜いたのであるから,そのまま振り下ろしてしまえばよいのである.このまま総裁選に勝とうが負けようが,下手を打てば検察に有罪で上げられてしまいそうな人間を抱えた組織が内部崩壊を起こせば,3年後の衆院選で民主党が惨敗することになろうというのは火を見るよりも明らかであるように思えるのである.

政権与党に立っているのが,あと3年でよいというのであれば,それもよいのだが.

小泉純一郎よろしく,メディアをうまく利用して,脱小沢,クリーンな政治,改革路線を打ち出せば,そのリーダーシップに相当数の国民の支持がついてくることになるだろうし,その支持率でもって新たに当選する若手議員たちを自分の懐刀としてしまえば,総理の椅子も守れるし,次回の衆院選で民主党が勝つというシナリオも描ける.さらにこの不況の最中に選挙をするというリスクはあるものの,改革に向けて政府は確実に仕事をしているというイメージが喚起できれば,日本経済に対する海外の期待感も十分に高まることになるであろう.それはそれで十分に経済政策の一つとなりうる選択肢であったわけである.

そういうわけで,機を逸した小物政治家がトップに立っているという事実は,思ったよりも根が深い問題につながることになると思われるのである.

まぁ,民主党なんか選んだ多くの日本人のせいだわね.

0 件のコメント:

コメントを投稿