2011/05/01

西武対日本ハム観戦記

えと,札幌ドームに試合を観に行ってきました.

観客は4,2000人ちょいということで,ゴールデンウィークの日曜ということもありましたが,斎藤佑樹の集客力を感じた試合でもありました.

試合でしたが,斎藤くんは過去2試合でツーシームとスライダーが使えるということがわかっていましたが,今日は課題だったフォーシームファーストボールをわりとうまく使えていた印象でした.

特に2-5回は圧巻で,こんな感じで投球が出来れば今後も一線級で活躍できるかなという感じ.

ただ,今日は1回と6回の投球を観ていて,なんか「ダルい」という気分にさせられました.初回はボールが手につかないのか,高めに浮きすぎで,野手も守りにくかったのかもしれない.田中賢介のしょうもない悪送球で一点を取られてしまった.(余談ですが,田中賢介の守備は,送球に体重が乗っていない感じで,身体が突っ張っているような投げ方に見えて,あまり好きではない)

6回に中島に打たれたのは粘り負け.追い込んだのに,ちょっとあっさりと行き過ぎた.悪い意味で調子に乗って,淡泊になったのかもしれない.その後の中村の二塁打はアンラッキーなだけだったが,この後の粘りがないのが残念.1点は仕方ないにしても,ノーアウトの2, 3塁で2人とも返してしまったのはいただけない.

フェルナンデスはスライダーにタイミングが合ってなかったので,スライダーを続けたのはよかったが,9球目に打たれてしまいました.途中でインコースにストレートを入れる勇気はなかったのか.続く坂田はタイミングが合っている感じだったとは言え,あっさりと犠牲フライを打たれすぎ.ただ,ちょっとこの回は,斎藤くんというよりも,捕手の大野のインサイドワークに疑問符がつく感じでした.やっぱり,守りという面では,アホの坂田,じゃなかった鶴岡の方がだいぶ上という印象ですね.

日ハムの打線ですが,田中も結果は出ていなかったけれど悪くはなかったし,陽と糸井は個人的に好みの選手.中田は第1打席,インサイドの球をうまくさばけていて感心しました.バットを振るときに重心が一定していて,頭が動かないようになっているのもいい.小谷野も悪くないですが,中田が4番で30本くらいホームランが打てるようになると重量感のある打線になりそうです.今日は,序盤で帆足を崩しきれなかったのが痛くて,結局沈黙してしまいました.まぁ,西武・栗山の素晴らしいプレー(個人的に今日のベストでした.打球に対する反応が早い!)もあったせいですが.

西武打線はいろいろ苦労していますね.片岡が出塁できないし,4番が中村というのもちょっと物足りない.振れているし,今後の西武の大黒柱になりそうな浅村を1番か3番に置けばいいのに,と個人的には思いますが.(でも,私がやりたい並びは,1番栗山,2番中島,3番浅村の並び.まぁ,日本的じゃないですけど,2番にいい選手を置くのが一番得点効率が高いと思う)

それと,守備なんですけど,1年通して使えるかどうかまだ見定められないのかもしれませんが,中村を1塁に置いて,中島と浅村で3塁と遊撃をやってほしいですね.中村はやっぱり守備範囲がイマイチだし,でも,グラブ捌きはわりと起用なので,1塁でもうまくやれると思う.

それにしても,藤井寺で閑古鳥が鳴いていた日ハムのことを思い出すと(西崎の時に観に行った),日ハムがこれだけ集客力のある人気球団になるなんて,隔世の感があるな.今の日ハムファンで,ウィンタースだの,中島輝士だのといった選手が主砲で,主戦投手が西崎,津野,松浦がいたとか,どれだけの人が知っているんだろう?野手の田中幸雄は最近まで活躍していたので知っている人も多いだろうが,投手に同姓同名の田中幸雄がいた(しかも,こっちの方が背が高い)ってのも,今やちょっとしたトリビアなんだろうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿