2011/06/30

大学の授業

大学の「代返」防止装置を開発


大学の授業に欠席する学生が出席学生に依頼し出席を装う、いわゆる「代返」を防止する装置が誕生した。その名も「かいけつ出席代返防止版」で、学生証と座席の情報を照合して出席を確認する。川崎市中原区の情報処理サービス業「アルファメディア」が、市が推進する「知的財産交流会」を通じ、富士通(東京)の開放特許を活用して開発した。


アルファメディアは平成18年に学生出席管理システム「かいけつ出席」を開発した。学生証をスキャナーにかざすだけで出席管理が自動的に行われる装置で、紙に名前などを書かせて確認する方法と比較し、出席管理に費やす時間が短縮された。これまでに立正大や日本工業大など6大学が導入し、約200台の発注があった。
しかし、最近では大学側から「欠席している学生の学生証をかざして代返が行われることを防ぎたい」との要望が同社に寄せられた。解決策を模索していた同社は、昨年9月に開かれた知的財産交流会で富士通に相談。半年にわたる協議の後、「タグ」と呼ばれるチップを使った富士通の開放特許を活用した装置を作り上げた。
新たな装置は、従来通りスキャナーに学生証を読み込ませた後、学生の座った個々の机に設置されたタグをスキャナーに読み込ませる仕組み。1枚の学生証と机のタグの識別情報を照合して出席を確認、学生証の多重読み込みを防ぐ。代返しようとする学生は通常、授業中に別の席に移動する必要が出てくるため、教授に代返を発見されるリスクが高くなるという。アルファメディアの小湊宏之社長(37)は「この装置の導で、代返をしにくい雰囲気や環境を作り出していきたい」と期待を込める。
同社は新装置を1台12万円前後で今夏に販売を開始する予定。3年間で1000台の販売を目標としている。』
えっと.
出席ですが,私は一人一人の顔を確認して取っています.
基本,学生さんの顔と名前覚えるタイプですねん.
代返しにくくて申し訳ない(って,誰に謝っているんだか).
それで,この手の装置について,つい最近聞いたのだけれど,北海道の某ちょっと残念な私立大学では,教室に4人しかいないのに50人が出席していることになっている授業が出るとか,ちょっと弊害がたくさんあるそうです.
1人の学生さんがたくさん学生証を持ってくるそうな.
まぁ,正直,大学の授業なんて,やることやってくれてたらそれでいいやって気もするのだけれど,非常勤に行かせてもらっている2つの大学では,学生さんたちがえらく熱心だし.
本務校もクラスによってはけっこう熱心なので,テンションが上がるのだけれど,中には鼓舞しないとなかなかやらないとかいうクラスもあります.
それでもけっこう熱入れて授業やってるんですけど.
教室内を歩き回って,次から次へと学生に指名しまくって,問題演習している時以外はほとんど休めないとか,外国語学科でも英語学科でもないのに,こんなに一生懸命英語をさせられて,たまに学生さんがちょっと気の毒(?)に思えるときもあるのだけれど.
それでも1人でも授業に集中していないとか,携帯に触るとか,寝るとかされるだけでも,私はけっこう不機嫌になるタイプなので,問答無用で授業をやっています.正直,あまりに集中力のない学生なんかを見ると,
「追い出したろか」


と強く強く思っているのだけれど(なんとかこの気持ちは抑えている).


最近,暑く(たいしたことないけど)なってきたので,ドアを開け放している教室なんかが多く,同僚さんや他の先生達の授業風景もよく見えるのだけれど,なんかだいたいの授業では半分くらいが寝てたり,机の下見てたり(携帯とか漫画とか読んでる),お喋りなんかもしているんですね.私だったら,正直ぶち切れているレベルなのですが.


それと,授業5分前や10分前くらいに終わるのが,私のディフォールト(たまに時間ちょっきしに終わる)なのだけれど,なんか30分前に終わる授業とかもけっこう多いですね.(学生が女の子ちゃんたちなので,喋りですぐにわかる.最近,ドアや窓が開いているので気づくようになった)


もしかすると,私は,予備校講師や中学・高校教員向けの人間であって,大学教員向けの人間ではないのかもしれないですね.ちょっと真面目に授業に取り組みすぎているのかもしれない.


ちょっとは気を抜こうかとも思うのだけれど,非常勤先はなんかみんなえらく反応がいいし,集中力もあるし,本務校でもたまに「楽しかったです」だとか,「おもしろかったです」とか言いに来てくれる学生さんたちがいると,ついついアクセルを踏み込んでしまう.


正直に言うと,大学の授業評価なんて,本当になんにも関係なくて,それで給料が上がるわけでも,褒められるわけでもないのだけれど,でもやっぱり,プロである以上は,自分の授業に来てくれた人たちには楽しんでもらいたい.


時間を割いて来てくれているわけだから,それに報いるだけのエンターテイナーでいたいというか.


まぁ,こんなこと言っていると,陰で「チョーク芸人」とか言われそうですな.芸人な面があるのは否定できないのだけれど.


というわけですが,明日も喋る!

0 件のコメント:

コメントを投稿