2011/09/18

気を揉む

本務校では通常営業が始まりました.

夏休みが終わって,憂鬱な気分でしたが,通常モードに戻って感じた印象.

講義は,人前で喋るのは体力要りますけど,けっこう楽しい.(度を超えるとしんどいのですが)

その他,会議とかはやっぱりめんどくさい.それと,大学教員は(小学校の教員ほどでもないような気もしますが)精神がガキっぽい人がけっこういるので,なんとなくため息をつくような疲れが出る(自分一人で勝手に持ち込んできた仕事を投げ出して,「もうめんどくさーい」,「やだー」,「誰かやってー」,「だってー,私ー,分からないしー(全て原文ママ)」とかいう発言を会議の席で聞かされる).

あと,テストも返却したのだけれど,そこでも気を揉むようなことが.

って,早い話が,どう考えても単位出せなさそうだなって人たちのことなんですけど.

相手が全て女性なものですから.

きっと,とにかくなんでも単位を出せば,

「いい人ー」

「めっちゃ好きー」

etc etc

と褒め称えられるのでしょうが.

落とそうもんなら,

「え,あいつきもい」

「絶対,調子にのってる」

「うざいよね」

「えー,もうムリムリ」

etc etc

と罵られるのであろうということは,想像に難くない.

単純に自分の嘘偽らざる思いを言わせてもらえれば,誰も若い女の子たちに不要な恨みは買いたくないし,陰で(下手すりゃ目の前で)ぐちぐち悪口を言われたくもない.

どうせなら,称えてもらいたい(キッパリ).

しかしだね.

出席満たして,テストでは講義で言ったことしか出さなくて,そんでもってレビューだの,テスト出題範囲の予告だのあれこれ手取り足取り説明をして,実際,平均点がだいたいどのクラスでも70点前後っていうんだから(60点取れば単位は出る),こと単位認定に関しては,私は神のごときレクチャラーであるはずなのである.しかも,授業態度がよければ,ちょっと色をつけてやろうというのである(単純に指名した時に発言するとか,それだけのことである).

この最低限やるべきことをやっていない人たちを落とすのに,ためらいを持ってはいけない,と思う.

しゃーないよね.別に人気取りやってるわけでもないし,教員なんてのは学生に嫌われてナンボの商売ですもんね.評価する立場ってのも,存外つらいもんです.

本当は専門科目でバリバリやって,成績悪いのはガンガン落とすくらいでいいのかもしれないけれど.

0 件のコメント:

コメントを投稿