2011/09/24

曖昧であることの利点

Islaeli-Palestinian talks must resume Midest Quarterを見て思ったのだけれど.

要するにパレスチナが国連に加盟しようとしているのだけれど(かいつまんで言うと,パレスチナが国連を通して,自分たちの立場を明確にしようとしている),アメリカが拒否権を行使する方向になりそうだという議論.

よく考えると.

幸か不幸か,日本は常任理事国ではないので,拒否権を発動することができない.

なんかこれはこれで便利なような気がする.

仮に拒否権があったとして,いつものようにアメリカに追従して拒否権を発動,ないしはアメリカの拒否権発動を支持する声明を発表すると,中東からそっぽを向かれるようになる.

つまり,石油を買うのに苦労することになる.

かといって,拒否権を発動しないと,自分たちのボスであるアメリカに

「おい,こら,われ,どういうこっちゃ」

と,すごまれることになる.

いつもの調子で,日本独特の「どっちでもありまへん」という魑魅魍魎的な態度で煙に巻くというのも国際社会の中ではなかなか難しい.

今は立場を明示しなくてもいいので,アメリカには

「パレスチナにも困ったもんですな」という態度を取って,

中東には,

「まったく,アメリカは傲慢ですな」

と,ご機嫌を伺うこともできる.

実に便利である.

経済力と,それなりの影響力があれば,八方美人で都合良く立ち回れるので,こういう立場の国家があるのは国際社会を機能させるという観点からも都合がいいし,それにどこも敵に回さなくてすむので,おいしいところだけを持っていくということも可能である.

日本という政治的立場には,それなりのアドバンテージもあるのではあるまいか.

ま,ちょっと思いついただけの浅い話なんですけどね.

0 件のコメント:

コメントを投稿