2011/10/28

グローバリズムは世界を破壊する

日本がTPPに参加するべきか否かの議論が活発である.

いろいろな議論があるが,私は端的に言って,TPP参加には反対である.

理由は簡単で,「グローバリズムに参加し,世界に開かれた国家へ」というスローガンは,端的に言えば「アメリカさんのお役に立ってくださいね」という言説に等しいからである.

TPPに参加したところで,日本の相手は実質アメリカであり,アメリカのTPPの主要ターゲットは日本である.不況だろうが,震災に見舞われようが,日本にはまだまだ経済的利潤がたくさん隠されているのである.

まず,農業が主要なターゲットになっていることについて考えたい.

TPP推進派は,TPPが導入されることによって,消費者はより安く食品が手に入れられる.現在の農業は既得権益に縛られていて,不等に高い農作物(特に米)を買うことを消費者が強いられている.自由競争を繰り広げることによって,消費者はより安くよりよい製品が手に入れられることになると主張する.

だが,よく考えて欲しい.

食品は口にし,体内に取り入れるだけに,より高い安全性が求められる.

当然だが,安全性の確保にはお金がかかる.

問題は,その安全性というものは,目に見えないということである.

農作物にどんな化学肥料を使おうが,家畜にどんな餌や薬を注入しようが,食べ物になって市場に並んだ物を,消費者が適切に判断することはできないのである.

何せ,その種の安全性は目には見えないのであるから.

産地偽装といったその種の「かわいい」レベルだけではなく,直接人体に悪影響が及ぼされるような質の悪い製品が市場に並び,安全性確保にお金を費やした製品は自由競争によって駆逐されることになる.

安全性を確保しようという倫理観の高い企業を保護しようと思えば,ある程度の出費を消費者は受け入れねばならないと思う.

また,主食である米のことについても考えねばならない.

例えば,カリフォルニア米が豊富であれば,きっと各地のスーパーで安価な米が並べられることになるであろうが,仮に飢饉にでもなれば,米の品不足になることは目に見えている.

TPPを推進することによって,食糧自給率が激減し,経済的な体力もなくなった将来の日本がどんな末路を辿るのかということを想像してみて欲しい.

飢饉がたとえ10年に一度であろうが,20年に一度であろうが,食糧自給率はそのまま生殺与奪の権利を譲渡することになるのである.

あえて,そのようなリスクを背負う必要はない.

農作業という仕事を日本国民に提供する機会を奪う必要もないし,これ以上の米の値下がりを要求する必要もないだろう.今払っている金は,リスク回避のためであると考えた方が賢明である.

それに,日本人の米好きは今に始まったことではない.昨今のカリフォルニア米の質の高さは認めるが,それでも現在の日本の有名どころの米にはまだかなわないと,私は思う(味覚にはけっこう自信がある).

もちろん,問題は農業だけではない.医療や保険制度についても問題は山積みである.

日本医師会に暗部があるのは認めるが,総じて日本の医学体制は素晴らしいと思う.日本の保険制度が機能していることによって,日本の大多数の平均的な庶民は安心して病院に通い,必要であれば容易に手術を受けることができる.

日本ではちょっとした手術(例えば盲腸)にかかる費用はせいぜい5-10万円程度であるが,アメリカではこれの10倍することも珍しくない.アメリカでは金持ちだけが世界最高の医療を受けられるが,平均的な庶民が水準以上の医療を受けられる国ではないのである.こんな制度に追従する必要はない.

この医学体制や保険体制,さらには郵貯や共済年金にも狙いを定めていると思われる節のあるTPPなるものに参加する理由はない.アメリカは,早い話が,日本に経済的植民地になることを要求しているのである.

思うに,我々は自由競争と経済原理,特に見えざる手を信奉しすぎたのではあるまいか.

能力があり,努力をした者だけが利益を独占でき,成功者でない者は努力を怠った無能者なのであるから現状を耐えるべきだという神話は,ある程度までは受容するべきではあると思うが,自国の富を1-5%の人間が牛耳るという現状は,この神話の行き過ぎを示しているに他ならない.

バランス感覚と平衡性を保つよう,富を再分配し,普通の人間が報われる方向に舵を切ることが現在の為政者に求められていることであると考える.

アメリカという国が「グローバリズム」という言葉を口にする時は,特に注意が必要である.

0 件のコメント:

コメントを投稿