2012/01/21

教育を評価すべきか & 橋下行政

大阪市長の橋下徹さんの政治手腕がいろいろと持ち上げられていたり,批判されていたりで久しい.

ちょっとここで気になる意見を述べてみたい.

まず,反対派の意見だけれど,「ポピュリズム」etcという批判はなんかレッテル貼りだけという感じで,中身がないような印象が見受けられるのでパス.

個人的には,橋下氏の教育改革というのが懸念材料だと思う.

詳細に述べると長くなるけれど,個人的に一番懸念しているのが,「実力主義の導入」と「ダメ教師の追放」.

この手の競争は,教育現場には持ち込まない方がよいと思う.

理由は単純で,競争原理を教育現場に持ち込んでも,現場の人間関係がギスギスするだけで,若手の成長の機会が奪われてしまうからということである.

なんだかんだでうまく回っている学校では,それなりに優秀な教員がいるものである.

彼らは,学生だけではなく,若い教員も育てようと積極的な部分があるので,それこそ自分がいろいろ研磨して身に付けてきた秘伝を割と惜しみなく伝授してくれる.

それがうまく引き継がれて,一定数の優秀な教員が再生産され,なんとか日本の教育は回っているというのが現状である.

できる教員からすれば,自分の学生さんたちがかわいいので,同僚が伸びてくれることはそのまま自分の学生さんたちの成長にダイレクトにつながるので,それこそ無償で奉仕していることも多いのである.

こういう現場に競争原理を持ち出すと,それこそ秘伝の出し惜しみと独占によって,せっかく現場で培われた知性が伝承される機会を奪ってしまうことにもなりかねない.

さらに懸念されるのが,人間は,自分たちが競争原理にさらされたとき,自分の研磨ではなく,他人の足を引っ張ることにエネルギーを注ぐ傾向があるということである.

単純に,そっちの方が楽だからというのもあるのかもしれない.

教員間のネットワークが遮断され,お互いの仲が悪い教師集団に教えられる学生に被害がダイレクトに伝わることになる.

これは絶対に忌避すべきことである.

そして,優秀な教員の選別に誰が当たるのかというのも問題である.

仮に教科教育に重点を置くとすれば,先輩の専門教員が若手を評価するという図式になるのであろうが,そこで優秀な若手がいた場合,果たして適当な評価が得られるのかというのが疑問である.

評価する側が,今後自分の地位を脅かしかねない芽を育成するよりは,それを摘む方向に舵を切るであろうという蓋然性の方が遙かに高い.

全く縁もゆかりもない人間が評価するのがいいのであろうが,その手の門外漢は適切な評価を下す目もないのが当たり前である.

第三の選択肢として,学生による評価アンケートというのもあるが,これもよくない.

評価アンケートが適切に機能するのは,学生の知的水準と意識が元から高く,そもそも特殊な教育を必要としない集団に限られる.ボリュームゾーンは,単純に楽をさせてくれて,楽しい話を聞かせてくれる教員がよいと判断するだけのことである.

教育とは,その場で即座に分かるものでなくとも,ずっと何となく疑問として残り続け,考えた末にそれなりの結論が下されるものに価値があることが多いものである.

少々わかりにくかろうが,その価値が卒業後にあぶり出されるような知見を得る機会を提供してくれる教員の芽が摘まれることになる.この種の即興性のなさも,知性と教育の特殊性の一つである.この価値を見いだす機会を奪うべきではないと思う.

要するに,妙な評価制度は導入しないに尽きる.教育現場は,評価制度を導入することによるデメリットと,導入しない事によるデメリットを天秤に掛けるべきである.後者だと確かに堕落する教員が出てくるというリスクがあるが,前者だと,教育の本分という芽を摘むというリスクを背負うことになってしまう.導入しない方にアドバンテージがあるのなら,それでよいのではないかと思うのだが.

ここまでが教育のお話.

話をちょっと戻して,橋下治世の二重行政の解消と,経済改革については,私はわりと評価している.大阪はある程度,ムダを削らないと本当にヤバイという状況になっているのだろうし,経済と人口が停滞している状況では,いかにシュリンクしていくのかということも考慮に入れねばならない.

ただ,彼の話に全面的に乗っかることができないこともある.

人件費その他を抑制するという話はよく分かるのだが,ムダを省いた末に,何かが向上するということは基本的にあり得ない.

あり得るのは,無駄を省いた結果,現状と比べて,それほど損失もなかったという程度のことであろうか.何かを減らして,得をするということはないのである.

それで,ある程度ムダが削減された後,何か希望が持てるようなことはないのであろうか.

橋下治世と彼の持論でいつも気になるのが,ムダを削減した後のビジョンが見えないということである.彼の意見に再建策というものはない.

まぁ,今はとりあえず削減してシュリンクしていくということしか考えていないのかもしれないけれど,それで天下を取っても,将来の展望を持たない政治家が無用の混乱を引き起こしてきたのは世の常でもある.

2012/01/15

センター試験の監督

えと,いつの間にやら,センター試験を監督する立場になりましたが.

「センター試験」という言葉を出すだけでも剣呑かと思っていたのだけれど,ニュースになっていたので,別にいいや.

というわけで,ご近所さんのこれ.

センター試験開始,道内6会場で遅れ 携帯電話の説明など手間取る

道内で大学入試センター試験4 件の会場となっている道情報大(江別市)、北海学園大(札幌市)、稚内北星大で、今回から厳格になった携帯電話の取り扱い説明などに手間取り、地理歴史、公民の試験開始が予定時間の午前9時半から2~10分遅れ、受験生700人に影響が出た。
 3会場では、携帯電話の取り扱いに関する試験監督の説明に時間がかかったうえ、問題用紙の配布などに手間取った。
 また、道教大の岩見沢校と旭川校では問題用紙の配布のトラブルで試験開始が3~15分遅れ、札幌校では同様の問題で地理歴史、公民の試験終了が1時間遅れた。』
あ,やっぱり.

実は私は英語の筆記とリスニングの主任だったのだけれど,説明文がやたら長いなと思って,ちょっと焦ったのです.

センター試験を受験したことがある人ならご存じかと思うのですが,試験官が一通り説明を終えた後,試験開始の合図になるまで5分以上10分程度の予備の時間というか,空白の時間ができるのが通例だと思っていました.

しかし,やたら説明文を読み上げるのに時間がかかりそうな雰囲気だったので,一部,ペースを上げて読み上げ,なんとか2, 3分前に試験開始の準備が整ったという経緯があったもので.

なんか,いつにも増して,ムダな説明が多いような気がしましたね.あんまり詳細に書いて,問題になるのも嫌なので,やめておきますけど.

ところで,センター試験の英語なのですが,一時期の会話重視の迷走から,だいぶ正常に戻ってきたと言いますか,素直な良問になりつつあるのはいいですね(試験中に解いた).

一時期は文法問題らしい文法問題もなくなったことがありましたが,なんだかんだで,必要な文法事項は問うようになってきましたし,語彙力を試す問題も悪くない.語句整序問題も変な癖がなく,解きやすい良問だし.読解問題はきっちりとした分量がありつつ,やや込み入った
図表を読ませたり,木やピーナッツ・アーモンドに関する説明文を理解させるいい問題であったと思います.

センター試験は私学の利用もあって,やたらとなんちゃって受験生が増えてしまったので,平均点が頭打ちになる傾向がありますが,難関大学のセンター得点率はかなり高く見積もっておいた方がいいだろうと思う.でも,これは,解きやすいから安易で意味がないということではなくて,この程度の問題を解けない受験生は来なくていいという効率のいい門前払いになるかと思えば,それはそれでいいのかもしれない.

ただ,個人的に気にくわないのは,発音・アクセント問題の出題と,相変わらずイギリス英語とアメリカ英語をチャンポンしていることだろうか.リスニング試験を導入したのだから,発音・アクセントはもうその役割を終えたのではないかと思うし,英語のバリエーションは結局どっちつかずの曖昧模糊とした現状しか作り出さないので,はっきりさせておいた方がいいように思う.規範的な英語というのも,政治的な要因が大きいので,どれがいいかというのも悩みの種といえば,悩みの種なのだけれど.

まぁ,受験生は今日は解答合わせをしないで(もう遅いか?),明日のことだけ考えて頑張ってください.

それで,北大さんに行けなさそうだったら,ぜひうちに願書を,ってモゴモゴ...

2012/01/10

今日はさすがに

えっと,授業再開は明日からなんですが,準備等があるので,今日大学に行きました(やっと仕事始めかいというツッコミが入りそうですが).

それで.

年末年始は雪の降らない地域にいたんですけれど.

それで,帰ってきた札幌の家の前の風景はこういうの.

雪の中を無理矢理スーツケースを引きずって帰ってきたのです.

まぁ,ここまではたいしたことないというか,こんなもんかって感じだったんですが.

今日はホンマに凄かったです.

行きも帰りも,前方が見づらい.雪がいくらなんでも多過ぎ.

それで,オフィスから見える風景がこういうの.

吹雪で何も見えませんが,木の向こうでは,普段,道路が見えます.

それで,帰り道.

周囲の車は信号を守らないし(赤信号で停車していたら,後ろの車に抜かれて右折された),走行車線も見えないので,逆走してくる車もけっこうあるし.

ランドクルーザーですら交差点で立ち往生していたし(詰まる時は,どんな車でも止まるようです.これだと,私のゴルフなんていつ立ち往生してもおかしくない),事故りそうな現場(本当にやばかった)も2回見かけたし,バカ北大生が前方で何度も転倒しながら自転車に乗り続けようとするし(スピード出してたら,間違いなく轢いてました).まぁ,なんか交通ルールなんてあってないような世界の中を帰ってきました.停車中の風景がこういうのです.



これだと,明日は1限目からなんですが,間に合わない学生が多数出そうな感じである.それより,自分もかなり早めに家を出なければならないような気がします.

運転中はテンションが高くて,けっこう楽しかったのですが,さすがに疲れました.今日ばかりはさすがに札幌に永住しなくてもいいかなという気分になりました.奈良や京都の寒さなんてたいしたことないですね.

こんな豪雪の中で住むとか,アイヌの人たちはかなり大変だったんだろうなと,ちょっとバカみたいな感想を実感として持ちます.

2012/01/08

人による

オリンパス上場維持へ...東証,違約金求める方向


『東京証券取引所は、有価証券報告書に虚偽の記載をしていたオリンパスの株式について、上場を維持する方向で調整に入った。月内にも最終決定する。


 損失隠しが10年以上にわたるなど、オリンパスの社内体制に問題があることを投資家に周知した上で、違約金の支払いを求める方向で検討している。
東証で、企業の上場審査や市場の監視を行っている「自主規制法人」が、オリンパス経営陣など関係者からの聞き取り調査をほぼ終えた。月内にも臨時理事会を開き、上場維持を最終決定する。「上場廃止になれば、現在の株主が過大な責任を負う」(幹部)との判断もあるとみられる。

だが、株式上場のルールを破って市場の信頼を傷つけたとして「上場契約違約金」1000万円の支払いを求めるほか、社内の管理体制や情報開示に問題があることを投資家に知らせる「特設注意市場銘柄」にも指定する方向で検討している。特設注意市場銘柄に指定された場合、オリンパスは3年以内に社内の管理体制などを改善しなければ、上場廃止となる。東証の調査では、損失隠しは一部経営陣だけで、極秘に行われた。損失隠しを行わなくても債務超過には陥っておらず、増資などを狙って株価を意図的につり上げてはいないことなどを確認している。東証は、「虚偽記載の内容は重大だが、影響は限定的」(同)として、現段階での上場廃止には当たらないとみている模様だ。
(2012年1月8日03時11分  読売新聞)』
あれ?ホリエモンって何で収監されているんだっけ??
まぁ,犯罪なんて誰がやるか次第で有罪だったり無罪だったりするという証左ですわね.