2012/04/14

そうさ100%佑樹

衝動的に,楽天田中将大と日ハム斎藤佑樹の投げ合いを見てきました.


試合内容は正直,がっかりな感じで田中,斎藤共にぱっとしない出来でした.

田中将大は縦スライダーが抜け気味で,かつ甘いところに入っていったところを狙い撃ちされていた感じ.フォーシーム系のファーストボールは力があって,それが意図的なのかどうかは分かりませんが,高めの球で日ハム打線にうまく打ち損じをさせていた感じです.

日ハムは田中賢介と稲葉がうまく対処できていて,特に稲葉の調子はいいですね.追い込まれてから,速球にタイミングを合わせているのに,変化球にうまく身体がついていっている感じで,バットの先にうまくボールを乗せられている様子です.打線で一番調子がいいので,2番に戻すか4番に入れるかしてほしいところ.

日ハムは再三のチャンスをものにできなかったところから見ても,打線が分断されている感じで,拙攻で田中を助けてしまった印象です.昨日の田中をさっさとしとめてしまえる力がなければ,ちょっとソフトバンクと対抗するのは難しいかもしれない.特に中田のスランプは深刻で,速球にも変化球にもまったくタイミングがあっておらず,上体だけでボールにバットをおっつけている感じ.このままだと,今年中軸を打つのは難しいかもしれない.

斎藤は1回の投球を見たときには,「うまくなったな」と思えたのですが,2回と3回の出来が最悪.身体とボールに一体感がない感じで,ストライクゾーンにボールがいかないし,変化球も全然曲がらないしで,よく最少失点で切り抜けられたものだと感心したくらい.

どちらの回の失点も,田中賢介(私が観に行く試合では,彼はもれなくエラーをする)と稲葉のエラーがなければ失点がなかったわけだし,何か神通力というか謎の力が働いているんじゃないかと思ってしまう.

4回以降は開き直って,コントロール重視に切り替えた様子で,きれいに抑えてしまいましたが,逆にこの程度の投球で抑えられてしまう楽天打線が惨め.本当にプロ野球選手をやっていていいんだろうかという水準だったと思います.

そういうわけで,観に行ってがっかりしたというか,だるかった試合でした.ちなみに私が見に行く試合はもれなく日ハムが負けてしまうというジンクスがあるようで,これを公表すると職場の学生さんたちに「観に行かないでください」とか言われてしまいそう.まぁ,うまく利用して,阪神タイガースとの交流戦を観に行けば,都合良く阪神が勝つのではないかという予測も成り立つのですが.

ところで,職場は今週から本格的に始動.しかし,人前で長々と喋るのは体力が要るので,疲れがどーんとたまっている週末です.売れっ子予備校講師なんかが,週に20コマとか当たり前のようにこなしているのは,けっこう凄いなと思う.

先週の土曜は札幌国際に行ってきました.1日券が2000円だったのですが,パウダースノーが積もっていて,シーズン真っ盛りと同じようなゲレンデ状況.今シーズンは,とりあえずこれで終了といったところでしょうか.

0 件のコメント:

コメントを投稿