2012/07/05

札幌が好きなのだけれど

住みやすさという観点から言えば,札幌という街はなかなかに魅力的である(経済的にお荷物なのは知っているけれど).

街はきれいだし,道は広い.道路も歩道もちゃんとあるし,広いし(路駐が多いのは確かだが).

街の中心部に行けば,都会の生活で必要なものはとりあえず全部揃うし,主要なお店は電化製品からファッションブランドから一応一通りはある.

地下鉄の接続も悪くないし,人の多さもほどほどという感じ.

過疎になるほど少ないわけでもないし,東京みたいに辟易する程多いわけでもない.

前もって準備していれば,だいたいのことはできる.

周囲に自然は多いし,海,山,川,平野の素晴らしい場所があちこちにある.

綺麗で広い公園もたくさんあるし,ウインタースポーツも満喫できる.

地価は安いし,綺麗で広い賃貸住宅にも一戸建てにも首都圏では考えられない値段で住むことができる.

しかも,中心部からちょっと離れた静かな郊外に,である.(中心部までは地下鉄,タクシー,自転車,徒歩とどうとでも行ける)

人もなんかのんびりしているし,人当たりが悪いとか,陰湿だとかそういう雰囲気もない.

それに冬場は本州から輸送せざるを得ないのだけれど,夏の野菜は素晴らしい.安いし,おいしいし,本当にいい.アスパラだの,ジャガイモだの,葉っぱ系の野菜だの,本当にいい野菜の味がする.

それに魚介類が群を抜いて新鮮である.

というわけで,札幌は自然と都会の両方を満喫できる,きれいな都市である.なんとなく,ここに永住できればいいなと考えることもある.

多分,パートナーがいて,子供を育てるということを考えると,かなり理想的な都市なんじゃないかと思う.

治安もいいし,関西圏のようなしがらみや問題もないし,遊ばせておける自然や公園は枚挙に暇がない.バーベキューだの,キャンプだの,温泉だのとレジャーも豊富である.(アミューズメントパークはあんまりないけど)

中心街は中心街で大きいので,買い物に困ることもない.

あえて欠点を挙げるとすれば,教育水準が低いのと,体力水準が低いといったことくらいだろうか.でも,首都圏や関西圏のように小学校の頃から無理してあぁだこうだと詰め込まなくても,知的能力にも個人差があるのだから,その能力がないのなら,無理に勉強しなくてもいいかなとは思う.体力は,私は個人的には野球関係をびっちりと仕込みたいが,これは自分に男の子ができた時に心配すればいいだけの話なのでしょうか(大阪で野球を経験してきた身としては,北海道の野球のレベルはやっぱり低すぎる).

気候は,なんと言っても冬場がきついのですが,集合住宅にいれば雪かきはしなくていいし(一戸建てに住むと毎朝大変らしい),それに家の中は本州の冬よりずっと暖かい.暖房を入れなくてもいいくらいである(たぶん,周囲の部屋の暖房で暖まっているのだと思う).

そりゃ,外で労働している人たちにとっては,札幌の冬は拷問なのでしょうが,車で職場を行き来して,室内で仕事をするような身分になれれば,雪もたいして問題にはなりません.まぁ,年に数回はちょっとヤバ目の天候になることもありますが.

それになんと言っても,夏がいい.もう終わったけれど,6月は本当に天国だし,7月と8月も本州の暑さとは比べるべくもない.正直,扇風機があれば冷房はいらないと思う(というわけで,節電の必要があるなら,北電さんは冷房を止めさせるべきだと思う.後は,平日昼間のムダなテレビと,パチンコと).

そんなこんなで,住環境としての札幌はけっこう気に入っているのだけれど,何せ日本では外れにあるので,研究環境としてはあんまりよくないというか,刺激はありません.

キャリアを取るべきか,生活を取るべきか.

さて.

そんな今晩の献立は,

鯖の味噌煮(鯖が半額だった)

大根,しめじ,ゴボウ,崩した豆腐の吸い物(要するに,里芋の入っていないけんちん汁)

小松菜の芥子和え

人参のカレーマリネ

でした.

なんか,一気に年寄りくさくなった献立ですね.

小松菜とゴボウは,JA石狩とれの里で買ってきました.いい野菜が安く売っているので,めんどくさくなければたまに行きます.

0 件のコメント:

コメントを投稿