2013/01/15

イギリス料理はまずいのか

冬休みのことだが,イギリス人の言語研究者の友人とemailを交換していた.そこで,今,私が「言語学を教えているのか」と聞かれたのだが,私は正直に

「英語で,いかにUKの食事がひどいのかということを日本の若い女の子たちに伝えているよ」

という返事を返したのである.

彼の返信にはこうあった.

「いやいや,彼女たちが実際にUKに来てみて,イギリス料理を食べてみると,意外にまずくないと思うかもしれないじゃないか.それに,仮に評判通りまずかったとしても,話のタネが1つ増えることになる.こんなにハッピーな体験は他にはない」と.

なるほど.

そもそも,なぜゆえにイギリス料理はまずいという評判が確立しているのであろうか.この「イギリス料理はまずい」という命題は,何せ,食べ慣れていない外国人が言うのならまだしも,当の本人であるイギリス人たちが認める事実でもあるのである.

この理由はまず,イギリス料理を作る際の秘訣にあると思う.和食を作るときの「さしすせそ」ではないが,イギリス料理を作るときには3つの秘訣があるとされる.それを列挙すると以下のものになる.

・煮過ぎる

・焼き過ぎる

・揚げ過ぎる

の3点である.純粋な,そして伝統的なイギリス料理はこの3つの技法に裏打ちされているのである.

彼らが野菜を煮る時には,常にくたくたになるまで煮る.本当に煮る.彼らに煮込み野菜や蒸し野菜を作らせると,野菜が原形を留めなくなるまで火を通すことに全身全霊を傾けているかのようである.

また,彼らが食材に火を通すときには,常に表面が真っ黒にならないと気が済まないようなのである.

「イギリスに行ったときに,黒焦げのソーセージを出されたことがある」って?それは他でもない,正当なイギリス料理なのである.心配ない.もしあなたがそのような体験をしたことがあるのなら,あなたはホスピタリティーに溢れるイギリス人によって,正統派のイギリス料理を出された経験があるということなのである.誇りを持っていい.

また,最後の揚げ過ぎるについてだが,これには2つの意味がある.もちろん,衣が堅くなり,黒くなるまでとことん油を通すという意味もあるのだが,これにはいくらなんでもいろんな食材を揚げ過ぎなのではないかという守備範囲の広さも含まれる.

例えば,スコットランドなんかでは,なんとピザを揚げるという料理があるのである.サッカーファンなら,スコットランド対イングランドの国際試合で,スコットランドのサポーターがイングランドチームに向かって,「てめえらのピザなんか揚げてやる!」という声を張り上げるということを聞いたことはないだろうか.これは,スコットランド人たちによる,揚げ物に対する決死の覚悟がないのだというイングランド人に対する非難でもある.

また,スコットランドつながりで言えば,マーズ・バーも忘れてはならない.

日本人にわかりやすく言えば,スニッカーズのようなチョコレートのスナックバーに衣をつけて揚げる料理ということになる.

山で遭難したときには心強い味方になるだろうが,こんな物を常食としていては身体がいくらあっても足りないと,栄養学を学んでいなくても容易に分かるだろう.このマーズ・バーはイングランド人に非難されたことによって,根強くスコットランド人たちの心の拠り所となってしまった.彼らは,イングランド人が否定する物ならなんでも肯定してしまおうという悲しい性を背負って生きているのである.

そして何より,揚げ物と言って忘れてはならないのはフィッシュ・アンド・チップスの存在である.魚の揚げ物にフライドポテトがついていると言えば,なんだかおいしそうに聞こえるが,これは元々労働者の食べ物であり,安くてカロリーが高くて,それでいて腹持ちがよくなくてはならないという条件がついている.だから,実はかなり「ディープ」な食べ方がある.チップ・バティというのがあって,要するにチップスをパンに挟み,バターを塗って食べるという食べ方があるのである.

私なんぞは聞いているだけで胸焼けがしそうなのであるが,彼らイギリス人たちはこれがエネルギーの源なのだと信じて止まず,とてもおいしそうに食べている.きっと,胃袋の構造が東アジアの日本人である私とそもそも異なる構造を取っているに違いないと信じるに足る経験的証拠である.

また,イギリス料理には味が付いていない.これは,食べる人たちによって味覚に差があるということを尊重したためである.よって,イギリスの伝統的な食事(例えばパブとか)ができる場所の料理には基本的に味が付いていない.テーブルには塩,胡椒,モールトビネガー,そしてブラウンソースが常備してあるのが基本である.自分が好きなように味付けしてから食べるのである.

そして,信じがたいことに,イギリス料理は非常に栄養価が高く,バランスが取れている.

例えば,フィッシュ・アンド・チップスにはマッシー・ピーという潰したエンドウ豆がついている.エンドウ豆の栄養価に関して,疑問を持つ栄養士は日本にもいまい.

また,ロンドン名物うなぎのゼリー寄せというものもある.

日本のように蒲焼きにすれば素晴らしく美味であるウナギも,イギリス人の手にかかれば,とりあえず口の中に入ればよいという栄養補助食品となってしまう.

これは,テームズ川で取れたウナギを煮込んでゼリー寄せにしただけという伝統的なイギリス料理で,味も何もついていない.ご存知の通り,ウナギは栄養価に優れた食べ物だが,元々泥臭い川に住んでいることが多いので,単なるゼリー寄せは泥臭い物体以外の何者でもない.アングロサクソンは,そもそも栄養が取れて,身体と脳が機能すればそれでよかったのである.大英帝国を支えた基本は,食におぼれている暇があれば,他国を侵略することを考えよという鍛錬に支えられることによって育まれたのである.これは,ローマ帝国以後のパっとしないイタリアと比べると,その差は歴然である.

食におぼれたイタリア人は結局,ローマ帝国以後に世界の覇権を取ったことはなかったではないか.

というわけで,イギリス人は,食事に注ぐ労力を他の面に注いできたため,料理を向上させようという気持ちになれなかっただけなのだ.

世の中,政治的な理由で人や民族や国家に対して否定的な言葉を使わないようにしようという運動もあるではないか.

今後は,「イギリス料理はまずい」などと言うのではなくて,「イギリス料理は個性的だ」と言うことにしようではないか.なんなら,「とても,非常に」といった強意の言葉を含めてもいいのではないだろうか.

0 件のコメント:

コメントを投稿