2013/04/24

趣味の持てない男

UK時代の友人で,近場の難産(当て字)にいる友人と久しぶりに会ってきました.

まずびっくりしたのが,彼がポルシェのオープンカーに乗ってきたということ.(ボクスターかな?)

おぉ.

さらに2台目の車として,クラシックカーも所有していました.

私も男なので,少なからずこれらの車には興味があるし,見ていて楽しかったです.

しかし,買う気にはならん.絶対...

まず,車を2台買うということがありえない.

私のような俗物根性丸出しの人間は,駐車場料金が2倍かかるというのが話にならないし,すぐに (1) 任意保険が高い,(2) 燃費が悪い,(3) 荷物が載せにくいなど実用性に乏しい,(4) いくら屋根がかぶせられるとは言っても暑さ・寒さ・風・雨に弱い,といった現実計算を始めてしまうことになる.

実際,その車に乗せてもらったのだけれど,「寒い」という理由で屋根は閉めたままにしておいてもらった.「風は感じられない」かもしれないが,15-6度でオープンカーに乗る根性は私にはないのである.(アメリカでレンタカーを借りたときにオープンルーフの車にして走ったことはあるが,レンタカーで「遊ぶ」ことはしても自分の車として所有するというオプションとしては考えられないのである)

さらに,彼の家にはちゃんと温度管理のできる大きなワインセラーが2つと,その中にたくさんのワインがしまってあった.

私もワインは好きだし,よく飲んでいる(とは言っても,お酒自体,週に4回くらいしか飲んでいないのだが).それで,ワイン用のセラーを作ったが,イケアの棚をアレンジしただけのものである(手軽だが,これはこれで見栄えはいい).もちろん,電源なんかない.

それで,そこには現在ワインが9本とウイスキー(シーバスリーガル)が1本と,アマレットが1本あるだけである.

ワインは1本2000円もしないものだけである.(私基準で1500円以下が普通,1500円を超えると高級ワインなのだ)

しかし,奥さんの話によれば彼はよく4000-5000円のワインを買ってくるらしい.(焼酎なんかもいろいろ揃っている.森伊蔵とか)

好きに生きているなと思う.

本来,人間の趣味なんてものは,それが共有できない人には理解できないものだし,お金をつぎ込むことに対して躊躇はしない人も珍しくないんだと思う.

これはこれで,いい生き方なのではないのだろうか.

特に大学教員なんて,少々破天荒なところがあった方がおもしろい研究もできるものなのかもしれない.

一方,私という人間は結構みみっちい.

買うワインも安ければ,食事は相変わらず節約・ヘルシー志向だし(今日の献立はナスと豚バラ肉の味噌炒め,冷や奴の新タマネギ載せ,ほうれん草としめじのおろし和え,田舎汁(要するにけんちん汁の里芋抜き)).

車は型落ちで,ハッチバックが便利,しかし走るのもそれなりじゃないとイヤという理由でゴルフのコンフォートライン(GTIは高いし,燃費と税金が高い)だし(中途半端な奴である).

趣味はせいぜいバッティングセンター通いだが,つい先週,バッティンググローブが半額で買えたと喜んでいるし(今まで使っていたのが穴が開いてしまっていたのだ).

後は,勤務先の野球部の練習にちょっと参加させてもらって喜んでいるのと,ジムに通っていることくらいか.

なんと真面目でおもしろみのない人間なのであろうか.

って,別に否定的に考えているわけでもなくて,「そんなもんか」って感じでマイペースで生きているのだけれど.

0 件のコメント:

コメントを投稿