2013/05/27

英語がイヤになる日

「恐怖症」というほどのものでもないのだけれど,月に1回くらい英語がイヤでたまらなくなる日がある.

見たくも聞きたくもないくらい.

正直に言うと,留学中もこういうことが1, 2ヶ月に1回くらいの頻度でありました.

さすがに英語圏のイギリスでこの手の症状が出ると面倒くさかったのだけれど,なんとか極力人と接触しないで,微妙に引きこもり気味になりながら一日を過ごすようにしていました.

論文を読まないとか,もちろん書かないとか,テレビは見ないとか,家のシェアメイトとはなるべく話し込まないようにしないとか.

こういう時のために日本語の本なんかも持ってきていたし,パソコンでも日本語のサイトばっかりを見て過ごしておりました.

現任校で,7割方は言語学の教員としての仕事をしていても,なんだかんだで3割ぐらいは英語教員という側面があるので,忙しい時期にこの症状が出ると大変なことになる.

まぁ,どっかで心理的な負担を感じながら英語を使っているんでしょうね.楽に使っているようでも,それが完全に無意識なレベルで使いこなせる程の水準に,私のような人間はなれていないようです.

なんらかの形で英語を生業にしている人たちは,基本的に昔から英語が好きでたまらないというのが基本だと思うのだけれど,私の場合は別に昔から英語が好きだったわけではなく(むしろ,嫌いだった),大学入試をきっかけに没入したタイプなので,ちょっと特殊な部分もあるのかもしれない.

よくシラバスや教育方針・大学紹介なんかで「英語の楽しさを伝える」という文句も見かけるのだけれど,私はどこかひねくれているせいか,「ケッ」とか思ってしまう節がある.

たぶん,こういうことを言う人たちは,自分が最初から英語が好きだったので,嫌いな人たちがいるという事実が信用できないのだろうと思う.

本能的な部分で,それこそ没頭するようなレベルの趣味でそれが一番好きだという人は,その楽しさを論理的・明示的に説明する能力がないのではないだろうか.これは,ある種の趣味が好きでたまらないという人たちの見解を聞いていても,その良さがわからないという多くの人が体験している事実とも合致するような気がする.

そういう意味では,元・英語ギライの私が英語を教えることにはそれなりに意味があるのかもしれない(と無理矢理自分を肯定してみるテスト).

その一方で,勢いで英語でコミュニケーションを取ろうとしている川崎宗則選手はいろいろとすばらしいと思う.



いろいろ言われていますが,野球の実力とその人気は本物です.

2013/05/25

大学教員とか執筆関係者の抱える問題

今,現在,こんな状況です.


「てめー,研究者なら論文書け!」という話ならなんとかやる気も起こるんやけど,ちゃうねん,大学教員って研究とは関係のない書類を作る作業がめっちゃ多いねん!

とりあえず今日はもう忘れる−!

英語も今日はもう読まない,書かない,聞かない,喋らない!

2013/05/17

わかりあえない

なんだかよくわからないのだけれど,生成文法にコミットしていると,時に「俺は親の敵なのか」と思ってしまうくらい,人の怒りを買ってしまうことがある.

よくわからない.

質問や話を振られるので,そもそも生成文法が何をしようとしている研究プログラムなのかをできるだけかいつまんで話をしてみるのだけれど,文学畑の人たちには我々が考えていることがなぜか逆鱗に触れるらしく,時に顔を真っ赤にさせて怒らせてしまうことになる.

そんなに怒るのなら,話なんか振らなきゃいいのに...

この種の生理的嫌悪感というのは,我々の業界の有名人の一人,チョムスキーがよく引き起こしているようである.

理由がよくわからないのだけれど,チョムスキーはあちこちでいろんな人たちの怒りを買っている(政治関係の話なら仕方ないけれど,言語学でも).

しかも,そのほとんどが無知・無理解に基づいているもので,「どこでこんなこと言ったんだ?」という出来事に基づいて罵詈雑言の嵐が吹き付けられることになる.

似たような話は村上春樹さんがエッセイで愚痴っていたのだけれど,どうも世の中には「嫌いだからほうっておく・離れておく」ということをさせておかないで,なぜかやかましい論敵を増やしてしまう思考法・作品というものがあるらしい.

なぜか,数学畑の人たちには,生成文法の考え方はすっきりと受け入れてもらえることが多いのだけれど(彼らが単純に頭がいいだけなのかもしれない.じゃ,文学畑は,ってモゴモゴ).

まぁ,そんな偉そうなことを言っている一方で,私も所謂,日本の西欧文学系の人たちの考え方や講義というものが結構気に入らない.

自分もわりと文学作品は楽しんで読んでいるのだけれど,なんだか無理矢理に読まされるのもイヤだし,それに読み方・解釈の仕方を強要させられるのも気にくわない.

好きなように読ませて欲しい.

それに読書感想文よろしく,感想やら意見やらを言わされたり,言わせたりしているのも気にくわない.

自分が学生なら,いい作品を読んだ後は好きなように余韻に浸らせて欲しい.

わかった顔をして批判されたりすると,けっこう不快である(芸術の世界なんだから,「論理的に」「道徳的に」見解を押しつけないでもらいたい).

それに彼らは自分たちこそが一番文学作品を理解しているのだという態度を取るのだけれど(専門家なんだからしゃーないんだけれど),それも不快である.

正直に言って,「あんた,全然わかってないやん」という意見を持つこともけっこうある.

というわけで,お互いわかり合えない言語学畑と文学畑の人たちが日本の大学組織では同じくくりでまとめられることがけっこうあるので,世の中大変だよなと思う.

まぁ,喧嘩してなきゃそれでいいか.

というわけで,昨晩のご飯(調理時間20-30分).

厚揚げとニラと豚挽肉の味噌炒め(「きのう何食べた」に感化された)
(1) ショウガひとかけとにんにくひとかけをみじん切りにし,ごま油で香りをつける.そこに豆板醤をひとたらし入れて,豚挽肉と塩・胡椒を投入して炒める.
(2) 厚揚げとざく切りにしたキャベツを入れ,ちょっと火が通ったら,味噌・酒・みりん・砂糖・醤油で味付けして
(3) 仕上げにニラを入れて,軽く火を通しておしまい.

茗荷とおろしタマネギ
(1) みじん切りにした茗荷とスライスして水にさらした新タマネギを入れ,かつおぶしを載せて完成.食べる直前にラー油をひとたらしして,ポン酢をかける.

とろろ昆布汁
(1) 水を火にかけ,酒を少々,白だしと醤油を少々入れ,とろろ昆布を入れた容器に入れて完成.

2013/05/11

ローリエを探す

ばら売りのトマトとセロリが安かったので,ミネストローネを作ろうと,スーパーの店員さんに

「すみません.ローリエってどこにありますかね?」

と尋ねたのだけれど,なぜか話しかけた場所のすぐ裏の棚にある生理用ナプキンの方向を指さされた.

...

あの,それ,ロリエの間違いじゃなくって?

...

発音悪かったのかな.

しゃーないので棚を角から角まで見渡すと,なんとか香辛料のコーナーを発見することに成功する.

それで,なんとなくローリエを使いたくなくなったので,ブーケガルニを購入することにする.(まぁ,どっちゃでもいいのではないかと)

というわけで,休日ですが,家で仕事して,ジムに行くと夜になってしまう.

そんな今日の献立はこんなの

・ミネストローネ

・キャベツの中華風春雨炒め

・冷や奴の茗荷載せ

レシピはこんな感じで.

ミネストローネ:
(1) テフロン加工の鍋に直接刻んだベーコンを入れ,胡椒を入れて軽く焦げ目をつける.
(2) そこにオリーブオイルを入れて,刻んだタマネギを入れ,中火でかき混ぜてしんなりとさせる.
(3) さらに刻んだにんじん半分,セロリ1本,しめじを入れて,塩胡椒をして炒める.
(4) 水を3カップ入れて,酒をちょっとどぼりと入れる.刻んだトマトを2つとコンソメ,ブーケガルニを入れて弱火でぐつぐつと煮てできあがり.(長めに煮込むとトマトがまろやかな味になる)

キャベツの中華風春雨炒め:
(1) フライパンにごま油をしき,みじん切りにしたショウガとネギを入れ,豆板醤を少々入れて香りがついたら挽肉を100グラム前後ぶち込み,塩胡椒をする.
(2) 刻んだキャベツとしめじ(もしあれば余り物の野菜なんかも)を入れて,軽く炒め,それに味噌,酒,みりん,砂糖,醤油を入れて味付けをする.
(3) 水を100mm程入れ,さらに半分にバキッと折った春雨をダイレクトに突っ込み,春雨が水分を吸い取ってしまったらok.これで完成.

冷や奴の茗荷載せ:
(1) 刻んだ茗荷を豆腐に載せ,ラー油をこぼしてからポン酢をかけて完成!

というわけで,明日はいい休日になればいいのだけれど.(晴れたらベッドシーツを洗濯しないといけない)

2013/05/05

敗者の視線

長嶋茂雄さんと松井秀喜さんの国民栄誉賞の授与式の模様を目にした.

いろいろと思うところはあるのだけれど,松井さんのエピソードに関して,「努力の人」というのにはちょっと違和感を覚えてしまう.

念のために言っておくと,彼が積み上げてきた途方もない練習量に関して,疑いの余地はない.素振りを始め,凄く地味なトレーニングを重ねてきたのだろう(素振りの量と言えば,個人的にはケン・グリフィー・ジュニアを思い出してしまうが).

しかしながら.

きっと今のプロ野球の中にも,彼と遜色ないくらいの練習を積み重ねてきている人も何人かいるのだろうし,他にも地道な努力を重ねている人はごまんといるはずである.

私のような半端者に言わせてもらえれば,彼らのような人間は野球の女神に祝福されている人たちなのである.

凡人がどれだけ努力しても,彼らの域に達することは決してできないのである.

私のような水準の野球の実力の人間などごまんといると思われるが,高校のそこそこのチームでなんとかレギュラーを張れる程度の実力の人間は,だいたいが小学校や中学校レベルではわりとちやほやされているレベルなのである.

それが,高校に入ると「こいつにはかなわない」という人たちを見かけることになり,生存のためになんとかモデルチェンジを計るわけである.

それこそ,小技や走塁技術の鍛錬は怠らないし,それに必要とあらばどこのポジションでも守れるようにしておかなければならない.さもなければ,レギュラーはおろか,ベンチ入りもままならなくなってしまう.

一方で,野球の女神に好かれている人たちには,努力などという積み重ねでは到底乗り越えられないような能力が与えられているのである.それは,そこそこのチームの主力選手でもそうだし,松井さんのようなレベルになると推して知るべしである.

ここ数十年,高校野球において,何十年に一人の逸材という選手が何人も出てきてはいるが,松井秀喜レベルの弾丸ライナーをスタンドに叩き込める人材は少なくとも出てきていないと断言できる.

それは,プロ野球を見れば顕著である.

懐かしの映像がたくさん流れていたが,日本人で松井秀喜レベルの「圧巻」と言うべきホームランを打てる選手は,彼が日本球界を去って以来,この10年以上一人として出てきていないではないか.

彼はそれだけ特別だったのである.

それにメジャーリーグという一流の中の一流が集まるリーグにおいて,日本人で年間30本というホームランを打てたのも,今のところ,彼一人だけである.

日本のミーハーな人たちは,すぐに松井秀喜をプーホールズだの,カブレラだのといった超一流の人たちと比べたがる傾向があって困ってしまうのだが,この手のレジェンドクラスの人間を除けば,松井秀喜という選手も十分に一流と呼ぶにふさわしい選手だったということはちょっと調べればすぐにわかるはずである.

一部,アメリカのメディアでも言われていたことがあったが,私は松井秀喜はポール・オニールに匹敵する選手であったと思う.オニールはヤンキースの90年代の全盛を支えた主力選手であったが,左の強打者でミートがうまく,また長打力もあり,状況に合わせたバッティングができるなど,松井秀喜と同じようなタイプのすばらしい選手だったのである.

ニューヨークのヤンキースファンならオニールがすばらしい選手であったという評価に疑問を挟む人はいないはずである.松井秀喜はそれと比べても遜色ない活躍をしたと私は思う.

これだけの能力を野球の女神に与えられたということは,本当に特別なことであると私は思う.松井さんがインタビューで「責任」という言葉を口にしていたが,おそらく彼もどこかでそのことは自覚していたのではないだろうか.

我々一般人は,そのような野球の女神に祝福された人間のパフォーマンスを存分に堪能すればそれでいいのだと,今なら思ったりもする.

この手の成功者の美談を語る時には,彼らの成功の秘訣というものがもてはやされるが,その陰では多くの一般人が,彼らのような女神に祝福された人間を横目に挫折を味わってもいるわけである.一人の勝者の前には,何十万もの敗者が存在するというのが世の常である.

自分は数多くの敗者の一人ではあるが,成功者の偉業を称える心意気だけは持ち合わせていたいと思う.

ちなみに,日ハムの大谷翔平選手が野手に専念すれば,松井秀喜レベルの水準に達するポテンシャルはあると思うのだけれど.(でも,投手のポテンシャルも捨てがたいんだよねぇ)