2013/05/27

英語がイヤになる日

「恐怖症」というほどのものでもないのだけれど,月に1回くらい英語がイヤでたまらなくなる日がある.

見たくも聞きたくもないくらい.

正直に言うと,留学中もこういうことが1, 2ヶ月に1回くらいの頻度でありました.

さすがに英語圏のイギリスでこの手の症状が出ると面倒くさかったのだけれど,なんとか極力人と接触しないで,微妙に引きこもり気味になりながら一日を過ごすようにしていました.

論文を読まないとか,もちろん書かないとか,テレビは見ないとか,家のシェアメイトとはなるべく話し込まないようにしないとか.

こういう時のために日本語の本なんかも持ってきていたし,パソコンでも日本語のサイトばっかりを見て過ごしておりました.

現任校で,7割方は言語学の教員としての仕事をしていても,なんだかんだで3割ぐらいは英語教員という側面があるので,忙しい時期にこの症状が出ると大変なことになる.

まぁ,どっかで心理的な負担を感じながら英語を使っているんでしょうね.楽に使っているようでも,それが完全に無意識なレベルで使いこなせる程の水準に,私のような人間はなれていないようです.

なんらかの形で英語を生業にしている人たちは,基本的に昔から英語が好きでたまらないというのが基本だと思うのだけれど,私の場合は別に昔から英語が好きだったわけではなく(むしろ,嫌いだった),大学入試をきっかけに没入したタイプなので,ちょっと特殊な部分もあるのかもしれない.

よくシラバスや教育方針・大学紹介なんかで「英語の楽しさを伝える」という文句も見かけるのだけれど,私はどこかひねくれているせいか,「ケッ」とか思ってしまう節がある.

たぶん,こういうことを言う人たちは,自分が最初から英語が好きだったので,嫌いな人たちがいるという事実が信用できないのだろうと思う.

本能的な部分で,それこそ没頭するようなレベルの趣味でそれが一番好きだという人は,その楽しさを論理的・明示的に説明する能力がないのではないだろうか.これは,ある種の趣味が好きでたまらないという人たちの見解を聞いていても,その良さがわからないという多くの人が体験している事実とも合致するような気がする.

そういう意味では,元・英語ギライの私が英語を教えることにはそれなりに意味があるのかもしれない(と無理矢理自分を肯定してみるテスト).

その一方で,勢いで英語でコミュニケーションを取ろうとしている川崎宗則選手はいろいろとすばらしいと思う.



いろいろ言われていますが,野球の実力とその人気は本物です.

0 件のコメント:

コメントを投稿