2013/06/30

授業パターン1つ確立

言語学のイントロの講義を2コマ(同じもの)担当しています.

15回の講義を,4回で形態論,5回で論理学と意味論,4回で語用論,最後の2回で言語獲得と言語の諸問題について扱うという感じ(統語論と音韻論・音声学は別に特別に講義があるので扱っていない).

単純に必修科目の一つということもあって,誰もが言語に興味があるというわけでもないし,それに90分ひたすら延々と教員の話を聞かされても学生の頭には何も残らないのではないかという懸念がある.

それより何より,言語学は専門知識の積み重ねなので,初期の話が頭に入っていなければ,次以降の話が展開できなくなってしまう.

というわけで,こんな感じで講義を進めている.

最初の60分でその回の話題の講義.

残りの20-30分で,その回の講義に関連する演習問題を解いてみる.とりあえず設問に取りかかってもらい,私が教室内で質問を受け付けて回る.

ってな感じ.

話を聞くのが1時間だけだと,わりと集中して聞けるし(聞けない人もちょっといるけれど),それにその話に関わる演習問題がすぐに出題されるとなると,わりと学生さんも話を聞いてくれるような感じである.

それで,成績はこの演習問題の出来で決める予定.ほぼ毎回課題が出ているので,ついでに出席も確認できて一石二鳥である.

最終の試験もレポートもないので,メリハリも利いていていいのではないかと思う.

問題点は,クラスの1つの受講者がちょっと多いので毎週採点をするのがめんどくさいということくらいだろうか.でも,受講制限は40名なので,なんとかなりそうな感じである.この辺は,マンモス私大ではないメリットが生かされているような気がする.

まぁ,こういう形式の講義も悪くないかなと思っている.

0 件のコメント:

コメントを投稿