2013/09/06

品のない話(五輪招致について)

東京五輪 優勢一転 原発汚染水問題に質問集中も準備不足露呈

2020年度のオリンピックがどこで開催されるのかが,あと2日で決まる.

私の実際の生活の中でオリンピックが話題になることはないのだが,メディアではいろいろ放映されているようである.

自分の全くの個人的見解を述べれば,オリンピックが生で観戦できる可能性ができ,世界中の著名なアスリートが日本に結集する機会があるのであればそれはいいことなんじゃないかという感想である.

祭りの機会が出来るし,経済も刺激できるのだから,それはいいことなのだと思う.

しかし,どうも「ぜひとも東京に!」という気分になれない.

それは現在の東京にオリンピックを招致する資格がないからなのではないかと思うからである.

上記リンクのニュース記事を見て,その感覚がわかったような気になった.

今回,東京がオリンピック開催地に選ばれないかもしれないというマイナスファクターになるものは,なんといっても原発の汚染水問題である.

それさえクリアできれば,マドリードにもイスタンブールにも負ける理由はないと思う.

ただ,東京五輪の招致に関わっている人たちにとって,この種の汚染水問題というのは,「人ごと」という認識でしかないということが,彼らの言葉の端々に感じられる.

「福島はともかく,東京は...」

「政府が470億円を出して除去することを決めた...」

自分が海外の遠いところにいたとして,彼らの発言はどのようにうつるであろうか.

距離感や土地勘がなければ,そもそも福島と東京との関連がわからないし,それに福島が一段落したのかさえわからない.

そもそも普通に日本で暮らしている我々の大半に,福島の現状が知らされていないのである.

もしかすると,反原発団体の人たちが言っているように事態は収束できないほどに悪化しているのかもしれないし,これまでは嘘ばっかりだったけれど意外と東京電力が言っていることはそれほど的外れではないという可能性もある.

とにかくわからない,不安.

これが嘘偽らざる日本国民の大半のコンセンサスであると私は推測する(根拠がなくてすまない).

そもそも現状がわからないのだから,470億円を投入するからといって事態が収束するのかということもさっぱりわからないし,どうやったら大量の汚染水を処理できるのかも専門家ではない自分には皆目見当がつかない.

ということは,日本の五輪招致に関わっている人たちの主張はそもそも何の解決にもつながらないということなのである.

悪意を持った読み方なのかもしれないが,少なくとも私には,彼らの主張は

「福島や東北のことはわからんけんども,少なくとも東京でやる限りには問題ないけん,わしらに五輪を開催させてくれ」

という風にしか解釈できないのである.

おかしな話である.

私が「おかしい」と感じるのは,彼らの主張が単にビジネス上の交渉のようにしか思えないからである.

もちろん,現実主義的な人たちにとって,「オリンピックはビジネスチャンスの一つ.IOCなんざ金にまみれた営利団体」ということになるのかもしれない.

そういった側面があるのは否定しない.

しかしながら,オリンピックや各種スポーツのワールドカップには,スポーツの形をとった代理戦争,経済興行といった側面の他に,他国,特に普段つながりのない国やお互いなるべく関与したくない国と関わりを持ち,ある特定の地域の魅力をアピールするという平和の祭典としての側面も少なからずあるはずである.

EUやアメリカと比べればそれほど経済的にも問題を抱えていないことを考慮すれば,海外の人たちが最近日本に対して持っているイメージは「震災・原発」の2つであると思う.

震災から立ち直りのきっかけを見せ,原発事故にも対処し,東京は相変わらず平和なメガロポリスの中心であるということを披露すること.

それこそがIOCや他の諸外国に対して見せなければならない姿勢であり,かつ見せることが期待されていたことなのではないだろうか.

五輪招致がビジネスチャンスの1つでしかないという人たちにとって,福島の問題など所詮「人ごと」なのだろうし,彼らの頭の中には,五輪では,競技を実施する箱物,交通機関,東京だけの安全が確保されていればそれで必要十分という認識しかないのであろう.

頭の中でそろばんをはじくことにしか興味がない人たちが主催する「お祭り」には,どうも品が感じられないと私は思う.

0 件のコメント:

コメントを投稿