2013/10/12

教育を「再生」しなければならないという嘘

教育再生会議において,今後,国公立の大学において,二次試験を原則的に廃止し,面接など,人物評価を加えて合否を判定していくetcというニュースが結構話題になっている.

面倒なのだけれど,教育に携わっている立場の人間がどのような見解を持っているのかを表明する必要もあるかと思って,ここにちょっと記述する.

まず,面接やら,クラブ活動やら,ボランティア活動やらといった項目を評価することの意義が,私にはまずわからない.

面接だの,人間力だのといった判定基準はAO入試という形で既にいろんな大学で取り入れられており,その入試形態を取り入れた大半の大学においてAO入試で入ってくる学生の質が大変低いということで,一応のコンセンサスは得られたのではなかったか.

なんだったのであろうか,今までの議論は.

そもそも面接の数分で人の人格などわからないだろうし,そもそも面接をする側の大学の人間に人を見る能力があるのか,そもそも人が人を評価する権利と能力があるのかといった根本的な問題もある.

大学入試が仮に人間価値審査コンテストになってしまえば,より偏差値の高い大学に合格した人間に人間的価値があり,低い大学の人間には人間的な価値がないということを認めてしまうことになるが,そんなこと,できる人間がいるのであろうか.

人の評価なんて千差万別.それでよいではないか.

客観的な判定基準なんて必要ないのである.

それと,「学力ではなくてetc」という見解もよくわからない.

要するに,財界では,聞き分けのいい奴隷がたくさん欲しいから,早い段階で効率の良い奴隷を大学で養成しなさいということなのだろうか.

それなら,この種の方向転換の目的はよくわかる.

ただ,申し訳ないが,大学という場所は本来,学問をする所なのである.

教育再生会議などという名を名乗って現場に乗り込んでくる限りは,その程度のことは深く認識した上で議論しておく必要があるのではないか.

現在のメンツを見る限り,どうも再生会議のメンバーの選抜理由がよくわからない人が多い.

だいたい,佐々木喜一なんていうイオンド大学(ディプロマミルという詐欺行為を行っていた有名な大学)の名誉博士号を持っている人間が再生会議の一員なのだから,その中身は推して知るべしである.

要するに,今の議員さんに利益をもたらす(この人は下村文部科学大臣のサポートをしている)人と,適当に聞き分けの良い有名人を集めてきただけに過ぎないのである.

教育の現場に,教育の原理を理解していない人が立ち入っても碌なことはない.石原元都知事にボロボロにされた東京都立大学や,現在ひどいことになりつつある大阪の公教育を見れば一目瞭然ではないか.

なぜかよくわからないが,教育という現場は「荒廃し,腐敗しきっており,その再生には専門家以外の視点が必要だ」というコンセンサスが大衆の間でなんとなく作られているような気がするのだが,気のせいなのだろうか.

教育というものが,わかりやすくて,実効性があって,それでいて誰もが興味を持っている分野だからくる誤解なのかもしれない.

「教育再生」と銘打つからには,現在の教育が過去の教育に比べて質が劣っているということを示さなければならないが,誰一人その手の問題点の指摘に成功している人はいない.

「現代の子供たちは,学力が低く,モラルがなく,不抜けている.これは,教育の質が低下したためである」

というのが,再生会議設立の趣旨であるようだが,私の知る限り,現代の若者が突出して過去の若者に劣っているということはない.断じてない.

学力が低く思えるのは,単に過去と比べて競争率が低下しただけのことであり,優秀な学生の層の割合は決して減ったわけではない.総数で過去の優秀だった学生と比べるのはアンフェアである.

それに,現代の若者は非常にモラルが高い.これは凶悪犯罪を犯す人たちの割合が,団塊の世代が若かった頃に比べて激減しているということからも明らかである.

単に,昔は凶悪犯罪を犯しそうな人は,外見から判断がしやすく,現代は,外見が人畜無害に見えても凶悪犯罪を起こすことがあるという「わかりにくさ」という怖さがあるという違いがあるだけのことである.

不抜けているetcという見解も悪くはない.昔みたいにすぐに暴力に訴える下品な人たちが減ったという評価を下すことも可能である.単なる印象論で申し訳ないが,今の若者は,自分が傷つくことを恐れる一方で,他人を傷つけることをあまりしないようになっているような気がする.

それはそれで,悪くはない話なのではあるまいか.

となれば,教育を「再生」するという理由がそもそもないということになる.つまり,教育を「再生する」という物語は単なるイデオロギーに過ぎないという結論が下せるということになる.

結論を述べる.

政治は教育の中身に介入する必要はない.いや,してはならない.

また,大学はアカデミズムを追求する場である.

そのことを念頭に入れていない人が,最近あまりに多すぎる.

0 件のコメント:

コメントを投稿