2014/05/29

(語学)留学の意義

今でこそ,外国語学部の英語をメインに教えるような場所で大学教員をやっているけれど,元々,英語も嫌いだったし,英語好きを公言するような人たちもとても嫌いだった.

英語嫌いは,世の中が作り出す英語教育のイメージがイヤだったのと,高校教員の英語に対する無理解が原因だったような気がする.

英語が出来ればetcとかいう話や,英語ができればこんなにいいetcという話がなんとなく胡散臭かったし,それに英語教育産業の全てがまやかしのように思えて,その種の底の浅さに関わるのが心底イヤだったというのも要因だったかもしれない.

最初から,教科の1つと割り切れるとよかったのだけれど.

でも,これらの嫌悪感は実はたいしたものでもなかった.

本当にイヤだったのが,とにかくちょっと英語を海外で勉強してきたからといって

「留学してきましたー♪」

という人たちでした.

同列に扱われたくなかったし,関わりになるのも御免被るという感じでした.

彼ら(基本的に女性だが)の大半が,英語の話し手の言っていることを理解しているのかいないのかよく分からないような状態で,薄気味悪い薄ら笑いを浮かべ,「Oh, yes!」とかいって話のやりとりをなんとなく繰り返している.「英語が話せている自分は凄い」といった様子で,悦に入っている様を見るのがどうにも気持ち悪かったのです.

それでもって,どれだけ自分が滞在した国のことを理解しているのか知らないけれど,したり顔で表面的な知識をひけらかしている様子を目の当たりにすると,思わず全身が痒くなるような気分になったものです.

そういうこともあって,私が留学していたことを指して,他人に「英語を勉強してきたんですか」と聞かれるのがとにかくイヤでした.『語学留学なんざ「留学」という文字を使うな.「遊学」と言っとけ!』というのが強い強い持論でした.

その種の感性は基本的にごく最近まで変わっていなくて,イギリスにいた時も,正規留学や交換留学で来ていた人たちには諸手を挙げて歓迎という気分になれていたのだけれど,語学留学となると,ちょっと.

それが今では,多くの語学留学を推進して,彼らの書類を扱う仕事をするようになっています.まぁ,この種の仕事は世の中で一番したくない仕事の一つだったのだけれど.

しかしながら,最近,この種の考え方も変わるようになってきました.

というのも,金さえ払えばすぐに行ける語学留学かもしれないけれど,なんだかんだで異国で,自分の力で道を切り開いていかないといけないという環境は,若い人たちにはいい経験になっているようなのです.そういった経験を経ることによって,いろいろと成長して帰ってくる人たちがたくさんいるのです.

日本に,特に自宅なんかにいると,ご両親なんかに甘やかされて,それで教師にもあまりきついことを言われなくなって,特別厳しい課題を与えられることもなくindulgeされていた人たちも,自分がやらないと仕方がないという経験をいろいろと重ねることによって,意外に自立する機会を得て帰ってきているのです.

この種の教育効果を考えると,単なる語学留学かもしれないけれど,それなりに意義はあると思うようになる.

そんなこんなで,語学留学でもいいから若い人たちはできるだけたくさん留学してこいと考えるようになっています.

といったような話を,ちょっとお隣の学部のアメリカ人の先生と話していました.

彼も同じようなことを思っていたようで,最近では,語学留学であっても留学推進派になったそうです.

ま,見知らぬ環境に行ってみるということが大事なのかもしれませんね.若い間にいろいろな世界を体験してきてもらえればと思います.

0 件のコメント:

コメントを投稿