2015/08/05

言語学者が日本の政治家の発言を分析する

最近,いつにも増して,政治家の不適切な発言が多いような気がする.

この種の政治的議論はとりあえずさておき.

英語が分かるようになったということもあるし,毎朝BBC World ServiceのGlobal Newsを聴きながら通勤しているということもあるせいかもしれないけれど,昨今の政治家の発言をその意図を含めて適切に翻訳することがなかなかに難しい.

以下,言語学者なりに政治家の発言を分析してみたい.(実は言語学とは関係ないですけれど)

ケーススタディ 1 大西英男議員の場合http://www.asahi.com/articles/ASH6Z61JXH6ZUTFK010.html

『大西氏は30日、自らの発言について「問題があったとは思いません」としたうえで、「安全保障法制について事実無根の『戦争に導く』という報道をしている一部マスコミを懲らしめなければいけない。いい知恵はありませんかと(講師で作家の百田尚樹氏に)尋ねた」と説明。また、「誤った報道をするようなマスコミには広告を自粛すべきだと、個人的には思う」とも主張した。
 一方、大西氏は「言論や表現の自由は民主主義の根幹で、それを否定する発言はしていない」「誤解、曲解を与える発言は反省している」とも語った。』
この釈明のすぐ前で,「報道の自由は守られねばならない」「マスコミに圧力をかけろなんて言っていない」と言っているのに,壮絶な自己矛盾溢れる発言をしていることにはとりあえず目をつむろう.その手の矛盾は別に日本の政治家だけに限った話ではない.
問題は,下線を引いた赤色の部分である.これを英語にして翻訳するのは困難である.
誤解はmisunderstand, 曲解はdistortに置き換えればなんとかなる.問題は,その発言内容・命題である.
例えば,misunderstandは「主語 misunderstand 目的語」という形で表される.この場合,大西議員は有権者が主語,目的語に自分 (me) を置いたのであろうと考えられる.
人称代名詞は時に人の主張・発言内容を指すことがあるので(メトニミー的に),それはそれでよい.問題は,misunderstandという動詞で表される文章が
「私(この場合大西議員)の本来の意図 ↔ 私が言うつもりのなかったこと」と,意図と有権者の理解の間に齟齬があるという内容を表すということである.
大西議員の一連の発言を通して,有権者は(私を含む)「大西議員がマスコミに圧力をかけろと思っている」と理解したはずである.
これを誤解だと言いたいのであれば,本心がこれとは違うということを示さねばならない.
しかし,彼の釈明のどこを見ても,この内容と違う意図は読み取れない.単に,「問題のあるマスコミには何らかの罰(広告料の減少など)があるべきだ」と言っているだけのことである.
ということは,「意図」と「言うつもりがなかったこと」の間には齟齬がないということになる.要するに誤解でも何でもないということである.
私なりに解釈すれば(ロラン・バルトの言うように,テクストの解釈は自由である),大西議員の言う「誤解」や「曲解」という表現が表す内容は,「私の発言は好意的に受け取られるべきで,それが否定的に捉えられた」ということであり,この点において(好意的 vs 否定的)齟齬があるという意味で使用されたと考えられる.
英語に直す際には,
If the audience misunderstand that I should be to blame, that's a pity.
「もし皆さんが私が悪いと誤解したのであれば,それは残念だ」
とすればよいのかもしれない.つまり,政治家の「失言」はそれを受け取る・解釈する聴衆が「正しく」理解しないのが悪いのであって,政治家に非はないということである.これで,「失言」なるものは,主観的問題に帰することとなった.
2 ケーススタディ 2 安倍晋三内閣総理大臣の場合 http://www.huffingtonpost.jp/2015/07/14/security-law-shinzo-abe_n_7798362.html
安倍晋三首相は7月15日、衆院特別委員会で答弁し、安保法案の議論について「国民の理解が進んでいないということはこれまで答弁してきたとおりだが、採決をするかどうかは委員会がお決めになることだ」と述べた。
少なくとも安保法案の内実に関して,多くの国民は概要を理解しているのではないかと思われる(理解していないとのはTPPの方かと).少なくとも,火事場と戦争を同一に考えなければ(別物だが)理解できない安倍総理よりも,多数の国民は内実について理解しているものと思われる.
「今後も説明を続けていきたい」という発言もあるが,これも非常に難しい.
というのも,ここで使用されている「理解」という表現は明らかにunderstandではないからである.
本来,「理解する」という動詞は,命題内容,及びその関連事項に関してその内容が主体の頭の中に入り,自分で消化できている状態になるということを意味するはずである.
そこでは,安保法案の内容をよりよく理解できたから反対しますという意見も尊重されるべきであるが,少なくとも安倍総理の発言の後で,「反対」という意見を表明した場合,彼に「理解した」と解釈してもらえることはないであろう.
つまり,理解したから賛成,反対,保留等々いろんな反応があって然るべきなのに,この安倍総理の発言の後では,賛成以外の発言は認められない意図が感じられるのである.
よって,安倍首相によれば「理解を進める」という表現は,「容認する,是認する」という意味で使用されているのである.英語に直す際,使う動詞はadmit, approve, accept辺りが適当であろうか.understandを使った場合は減点対象になる.
全くもって難しい.私は昔,朝日新聞や京都新聞に掲載する京都大学の入試問題の英作文の解答例を作成したことがあるが,安倍総理の発言を和文英訳するのは至難の業である.ただ,難関大の英作文と異なる点は,知的なおもしろさが一片も感じられないところにある.
というわけで,曖昧模糊として英語にしにくい文章が京大の和文英訳問題に出される傾向があるのだけれど,安倍総理の発言は出題されなさそうですね.(責任は持ちませんが)

0 件のコメント:

コメントを投稿